月刊「アイ・エム・プレス(インタラクティブ マーケティング プレス)」ページの先頭です

HOME > 月刊「アイ・エム・プレス」 > バックナンバー > Vol.155  前号(Vol.154)へ 次号(Vol.156)へ

月刊「アイ・エム・プレス」/Vol.155

月刊「アイ・エム・プレス」

月刊「アイ・エム・プレス」Vol.155
2009年4月号

マーケティング装置としてのSNS

※大変申し訳ございません。おかげさまで本書は完売となりました。

特集

マーケティング装置としてのSNS

SNSが新たなマーケティング・チャンスを創造する!

生活者ニーズの多様化が進む中、特定テーマに興味・関心を持って積極的に関与する生活者が集まるテーマ特化型SNSに企業の注目が集まっている。マーケティング装置としてのSNSの活用ノウハウは未だ確立していない状況だが、生活者の自発的な参画が売り物であるSNSを活用する以上、早急に成果を求めない姿勢は必須であろう。

徐々に増加しつつあるテーマ特化型SNS

いずれも2004年にオープンしたmixiやGREEなどに代表されるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。本格的な登場から数年しか経過していないにもかかわらず、Webの世界で市民権を確立しており、企業がマーケティングを目的に開設するケースも珍しくない。

本誌が今回実施した生活者アンケートにおいて、予備調査として「SNSへの会員登録の有無」を尋ねたところ、「はい」と回答した人は30.8%。インターネット調査であるため、多少のバイアスが掛かっていることは否定できないが、少なくともインターネットへの関与度が高い生活者においては、3割程度がひとつ以上にSNSの会員になっているということができよう。
mixiやGREEなどはいわば総合型のSNSであり、その中ではさまざまなテーマによるコミュニティーが展開されている。それに対して今回弊誌が注目したのは、最近徐々に増加している“テーマ特化型SNS”である。

テーマ特化型SNSの“テーマ”は旅行、スポーツ、ゲーム、ファッション、化粧品、グルメ、写真、映画、投資、語学学習など多種多様だ。“趣味”と呼ばれるような分野では、規模の大小や機能の優劣などはあるものの、どのような分野でも何らかのSNSが存在するといっても過言ではないかもしれない。
その中で、一定以上の会員規模に達しているテーマ特化型のSNSは、現状、その大半が広告型のビジネスモデルで運営されている。それぞれのテーマに関連する企業が、広告、タイアップなどさまざまなかたちでコスト負担しているケースが多く、言い換えれば、企業のマーケティング装置として機能しているとも言える。

今回の特集では、比較的多くの会員を集めているテーマ特化型SNSのケーススタディなどを通じて、SNSのマーケティング装置としての可能性を探った。


>《特化型SNSのマーケティングツールとしての活用法は? この続きは本誌で!》

ケーススタディ

ケーススタディ1 : (株)ウイングスタイル 「ジョグノート」

ジョギングをはじめとする運動にテーマを特化

「ジョグノート」は途絶えてしまいがちな運動を継続して実施するためのモチベーションを喚起するコンテンツを満載したSNS。サイト上での交流に加え、オフ会として走行会が 頻繁に行われるなど、バーチャルとリアルの枠を超えた会員間コミュニケーションを成立させている。今後は広告に頼らないビジネスモデルを目指していく方針だ。

ケーススタディ

ケーススタディ2  ウノウ(株) 「フォト蔵」

容量無制限の写真・動画共有SNS

デジタル写真・動画をアップロードして保存できる「フォト蔵」。アップロードした写真・動画はアルバム単位で公開範囲を設定でき、それぞれに説明文やタグを付けたり、並べ替えたりすることができる。登録会員数は20万人超。家族写真をアップロードするファミリー層のほか、団塊の世代以上の男性層やブロガーなどの利用も増加している。

ケーススタディ3  フォートラベル(株) 「フォートラベル」

SNSにより旅行者と旅行関連企業の対等な関係づくりを推進

「旅行のクチコミサイト フォートラベル」は、2004年の開設以降、他社と一線を画するコンセプトで参加企業数、トラベラー会員数、口コミ数を増やし、 月間300万人が利用する旅行特化型SNSへと成長した。現在は、旅行者と旅行関連企業の関係性に留意しつつ、企業側への情報提供にも力を注いでいる。

ケーススタディ4  (株)マスチューン 「みんなの株式」

日本最大規模の個人投資家向けコミュニティ

個人投資家の声を“集合知”とすることを目的に開設された「みんなの株式」は、17万人を超える会員を集め、個人投資家向けコミュニティとしては日本最大規模となった。同時に「荒らし」の少ない健全なコミュニティ形成にも成功していることが、広告出稿企業などから高く評価されている。

【生活者アンケート】 「テーマ特化型SNSに関する調査」結果

“つながり”の広がりや 情報の量・質に満足だが、書き込みは消極的

目次

The makeover maven DR(Direct Response)広告改造屋 【第35回】

素晴らしい商品、素晴らしいサイトが台無し。

トーマス・コリンズ氏

Top Interview 【第112回】

丹波篠山産黒大豆へのこだわりを軸にビジネスを加速

■(株)京乃豆蔵
代表取締役
井上敬介氏

 

コメンテーターズアイ 【第35回】

5〜10年後のダイレクトマーケティング

ウィントンアクトン社 代表取締役
早稲田大学大学院 商学研究科客員教授

ルディー和子氏

Theふぉーかす

金融
メーカー
小売
サービス

インターネット探検団 ネットライフに潜むビジネスのヒント【第8回】

“ガンダム紙切り”にみる世代間交流とネットクチコミの可能性

■(株)カレン
次世代ビジネスリサーチ室長
四家正紀氏

第31回「I.M.press Live!」レポート&
 第32回「I.M.press Live!」開催のお知らせ

緊急インタビュー :不況を克服するマーケティング講座


将来の課題解決に向けて既存の資産を有効活用することが重要

■明治大学専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
上原征彦氏


旧来のビジネスモデルを革新し、市場に生かされる企業に

■法政大学経営大学院 教授
嶋口充輝氏

The latest trends in Internet Marketing in the U.S.
世界のダイレクトマーケティング 【第2回】

世界のダイレクトマーケティング:急成長する市場に沸く次期サッカーW杯開催国【南アフリカ編】

■eMarketing Strategy社代表
コロンビア大学客員教授
ルス・スティーブンス氏

The Data “新”お客様との関係づくり支援市場【第16回】

SFAソリューション

CRM実践講座 【第106回】

ダイレクト・レスポンスはブランドをつくれるのか?

■クリエイティブ・ディレクター
河村 寛氏

コンタクトセンター最前線 【第89回】

スキルマップの導入で効率化とホスピタリティの強化に取り組む

■テルモ(株)

Book Review

マーケティング・ソリューション【第13回】

■アビーム コンサルティング(株)
SaaS型バーチャルコンタクトセンター構築支援サービス

店頭プロモーション新時代【第10回】

TVCMとの連動によりインパクトを最大化

ソフトバンクモバイル(株)

500人に聞く【第13回】移動時間の活用方法

調査のさらなる詳細データは こちらから

News File

(社)企業情報化協会
(社)日本ダイレクト・メール協会
(社)日本通信販売協会
(社)日本テレマーケティング協会
Direct Marketing Association(米国ダイレクトマーケティング協会)

Topics

4月、5月のセミナー情報

裸足のコンシューマー 【第31回】

カード会社フォローキャンペーンの巻

おじゃら りか

前号(Vol.154)へ 次号(Vol.156)へページの先頭へ

カスタマーサービスへメール編集担当へメール広告担当へメール