月刊「アイ・エム・プレス(インタラクティブ マーケティング プレス)」ページの先頭です

HOME > 月刊「アイ・エム・プレス」 > バックナンバー > Vol.186  前号(Vol.185)へ 次号(Vol.187)へ

月刊「アイ・エム・プレス」/Vol.186

月刊「アイ・エム・プレス」

月刊「アイ・エム・プレス」Vol.186
2011年11月号 10月25日発売

特集 トリプルメディア時代のWebマーケティング

※大変申し訳ございません。おかげさまで本書は完売となりました。

特集

トリプルメディア時代のWebマーケティング

Webサイトの役割の明確化が有効な施策設計の第一歩に

近年、企業と生活者をつなぐコミュニケーション・メディアが多様化する中で、多くの企業が自社に適したメディア活用のあり方を模索している。特に自社のWebサイトをどのように位置付け、他のメディアとどのように連携させるかに苦慮する企業は多いようだ。 今回の特集ではトリプルメディア時代にふさわしいWebマーケティングのあり方を探った。

古くて新しい“トリプルメディア”

Webサイトはマーケティング装置として他のメディアにはない多くの特性を有しており、今後もその有効活用がマーケティングの成否を大きく左右することは間違いない。成功への第一歩は「誰に何を伝えたいのか」を明らかにし、それに基づいた施策設計を行うことにあると言えるだろう。

マーケティングの世界で「PC画面」「モバイル画面」「大型デジタルテレビ画面」を指す“トリプルスクリーン”とともに、“トリプルメディア”というワードが話題になり始めたのはいつごろのことだっただろうか。少なくとも2010年2月、(社)日本アドバタイザーズ協会のWeb広告研究会が、2010年のWebマーケティング戦略として「トリプルメディア、トリプルスクリーン戦略を考える時代」との宣言を発表した段階では、それほど一般的なワードではなかったように思われる。しかしその後、マーケティング担当者において急速に普及が進み、今ではマーケティング用語としてすっかり定着した感がある。

トリプルメディアは言うまでもなく、自社で管理・運営するWebサイトやメールマガジンなどの自社所有メディアを指す「オウンドメディア(owned media)」、企業が広告費を支払って広告を掲載する「ペイドメディア(paid media)」、SNSやTwitter、Facebookなど、信用や評判を得ることを目的に活用する「アーンドメディア(earned media)」の3つのメディアを意味する(図表参照)。昨今、多くの企業がマーケティング・コミュニケーションにおいて、これらをどのように組み合わせていくべきかを模索しているのが現状だ。

しかし、今回の特集でインタビューにご協力いただいた(株)ビービット・広報宣伝部長の渡辺春樹氏が「販売店、カタログなどによる営業、販促の分野がオウンドメディア、新聞広告、テレビCM、折り込みチラシなどの宣伝の領域がペイドメディア、そしてアーンドメディアは、従来のパブリシティの分野に相当すると考えればわかりやすいと思います」と指摘するように、複数のメディアを効果的に組み合わせてマーケティング・コミュニケーションの最適化を図るという考え方は旧来からあるものだ。トリプルメディアという概念は、それがWebマーケティングの本格化に伴って進化したものであると言えるだろう。

ともあれ、コミュニケーション・メディアの多様化に伴って、自社に適したメディア活用のあり方を模索する企業は増加しており、特に自社Webサイトをどのように位置付け、他のメディアとどのように連携させるかについては、なかなか正解を見出せない企業が多いようだ。そこで、今回の特集では、自社Webサイトの有効活用に積極的に取り組んでいる企業のケーススタディを中心に、トリプルメディア時代にふさわしいWebマーケティングのあり方を探った。


↑総論記事を公開中!(pdf形式、別窓で開きます)

>《トリプルメディアにふさわしいWebマーケティング施策とは? この続きは本誌で》

ケーススタディ

ケーススタディ1 : MSD(株)

■専門サイトでの情報提供を軸にAGA治療のための医療機関受診を促進

AGA(男性型脱毛症)治療薬「プロペシア」を販売するMSD(株)では、AGAに関する情報を継続的に発信するWebサイト「AGA-news」を運営。同サイトとマス広告などを組み合わせたキャンペーンを展開し、AGAに関する啓蒙を行うとともに、医療機関の受診を促進している。

ケーススタディ2 : セコム(株)

■暮らしに役立つ「安全・安心」情報を継続的に発信

セコム(株)では2011年3月、Webサイト内に家庭向け安心総合情報サイト「セコム安心マガジン」を開設。防犯・防災に関する啓蒙を通じて社会的責任を果たすとともに、日常的・継続的な情報発信により、「防犯・防災と言えばセコム」というイメージを一層強化することを目指している。

ケーススタディ3 : (株)東急ホテルズ

■Webサイトを通じて安定した宿泊予約を獲得

日本全国で東急ホテル、エクセルホテル東急、東急インなどのブランドでホテル運営を行う(株)東急ホテルズでは、2000年代半ばから自社Webサイトを通じた宿泊予約の拡大に着手。SEMを中心とした集客とタイムリーなリニューアルなどを通じて安定した成果を獲得している。

ケーススタディ4 : 保険マンモス(株)

■独自のコーディング・ガイドラインにサイトづくりでSEO対策を強化

2005年8月の創業以降、インターネットによる生命保険、医療保険のマッチング事業を展開してきた保険マンモス(株)。同社では、コンテンツを大幅に拡充するなどしてポータルサイト「保険マンモス」への集客を実現。多くの相談案件を獲得するとともに、高い顧客満足度を実現している。

【インタビュー】情報提供、推奨、広告効果測定――訪問客を購買に導くWebサイトの可能性

(株)ビービット 広報宣伝部長
渡辺春樹氏

目次

世界の広告賞受賞作品に学ぶ 生活者の行動を促進するクリエイティブ【第8回】

リアルな店舗とオンラインショッピング。答は、その間にあった!

東北芸術工科大学 教授
ボブ田中氏

Top Interview 【第143回】

マス広告で新規顧客を獲得し定期お届けプランで長いお付き合いを

■■ガシー・レンカー・ジャパン(株)
代表取締役社長
堂山昌司氏


↑インタビューの一部を公開中!(pdf形式、別窓で開きます)

Book Review

Theふぉーかす

金融
メーカー
小売
サービス

コメンテーターズアイ 【第65回】

ソーシャルメディアのROIとダイレクトマーケティング

マーケティング評論家
ウィトンアクトン社 代表取締役
早稲田大学商学学術院 客員教授

ルディー和子氏

Social Media Marketing【第8回】

急速な変化を見せるソーシャルメディア・ユーザーの行動

eMarketing strategy社代表 コロンビア大学 客員教授 
ルス・スティーブンス氏

ソーシャルメディアが変えるインタラクティブ・マーケティングの未来【第3回】

サブリミナルなインパクト

■(株)博報堂
エンゲージメントサービスユニット エンゲージメントプランニング局 シニアディレクター
高宮 治氏

通販トレンド・ウォッチ!!【新連載】

スマートフォン・アプリを武器に利益率アップを実現

■通販評論家
村山らむね氏

VOC分析から見えてくるお客さまの真意【第2回】

VOC分析の実際

■(株)野村総合研究所 
ビジネスインテリジェンス事業部 主任研究員
神田晴彦氏
副主任コンサルタント 寺尾宣彦氏

CRM実践講座 【第137回】

ソーシャルメディア対応の心得

■(株)トライバルメディアハウス
代表取締役社長

池田紀行氏

コンタクトセンター最前線 【第120回】

受付チャネル別のチーム編成で迅速・確実な対応を推進

(株)MonotaRO

マーケティング力向上塾【第30回】

Twitterプロモーション支援サービス

マーケティング・ソリューション【第45回】

「Point + PLUS powered by rapico」
(株)レピカ

生活者に聞く【第8回】日常のお買い物スタイルについて

お得情報は新聞折り込みチラシで。
半数弱がこの半年間にキャンペーンに応募。


調査のさらなる詳細データは こちらから

News File

(社)日本通信販売協会
(社)日本テレマーケティング協会
Direct Marketing Association(米国ダイレクトマーケティング協会)

Topics

11月・12月のセミナー情報

裸足のコンシューマー 【第62回】

1万ポイント失効! の巻

おじゃら りか

前号(Vol.185)へ 次号(Vol.187)へページの先頭へ

カスタマーサービスへメール編集担当へメール広告担当へメール